ボトックスの効果【プチ整形として初心者でも敷居の低い美容整形術】

サイトメニュー

治療までのステップ

顔に触れる女性

事前に知識を入れておく

ボトックス治療を検討している人はまず信用性の高い病院を探すことから始めます。ここでいう信用性とは、ボトックス治療の実績です。ボトックスは注射による治療ですので、注入量の見極めが必要不可欠です。効果を適度に発揮させるため、どの程度注入するかを見誤ると副作用が大きく出てしまったり、まったく効果が得られなかったりする可能性もあります。経験豊富な医師が在籍している美容整形外科を検索したり、実際に施術を受けた人の口コミなどを確認したりしましょう。ボトックス治療は予約制をとっている病院がほとんどですので、電話等で予約をとります。そのときに不安点など尋ねてみてもいいでしょう。受診の際、簡単に問診票を記入することがあります。アレルギーなどの確認がほとんどですが、それをもとに施術前の医師とカウンセリングが行なわれるので、できるだけ具体的に記入することをおすすめします。カウンセリングは、患者の理想を聞き出してそのために行なう施術のプランを考えます。ボトックス治療にも症状次第では向き不向きがありますので、その見極めなどを医学的に診断します。ここで立てられた計画や注意事項をふまえ、不安点がなければ施術が行なわれる流れになります。カウンセリングまででキャンセルも可能です。ボトックス治療は様々な効果を期待できますが、その効果を発揮できる分野が限定されています。ボトックスが活きるのは主に咬筋という筋肉が発達しすぎて起きるエラを小さくする小顔矯正や、表情筋の凝りによるしわの引き延ばしなどといった筋肉に作用させる施術です。ですので、小顔効果を求めて美容整形外科へ訪れても、エラではなく脂肪や骨格のせいで顔が大きくなっている場合はボトックスの治療対象ではありません。もちろん施術を始める前に医師にカウンセリングをしてもらい、そこでボトックスより適した治療がある場合は提案してもらえます。このように、原因次第では必ずボトックスにより治療が受けられるわけではないことに気を付けなければなりません。また、筋肉をリラックスさせる作用がありますので、施術直後は施術箇所の筋肉が緩み、うまく力が入らないことがあります。これは一時的なもので数時間で元に戻りますので、心配には及びません。くれぐれも施術箇所をもんでみたり、整体院などに駈け込んだりしないようにしてください。